何を話せば良いのかわからない子必見!リピーターができるアダルトチャットの会話術

今回はアダルトチャットレディ歴15年のマミさんに書いてもらってます☆

 

「脱いだら稼げるでしょ!?」と単純な理由から
私は最初からアダルト選択のチャットレディになりました。

 

新人マークのアダルトパフォには
初物好きな男性客が次から次にやってきます。

 

確かに、新人のころは脱ぐだけで稼げるんです。
ですが、ある時期からあれだけ繋がっていたチャットが
パタっと止まり待機地獄に陥りました。

 

当時の私はパーテェーション仕切りの雑な個室に通う通勤チャトレ。

他のチャットレディの状況が嫌でもわかるんです。

 

みんなは繋がっているのに、何で私だけ・・・?
すごーく惨めな気持ちになるんですよねーー。

 

待機中は暇なので、ちゃっかり聞き耳を立てていると
「あー、●●さん、久しぶり!」「また来てくれたんだぁ!」と
嬉しそうに言うチャトレさん達の声が・・・。

 

 

そこでようやく気がついたんです。
チャットはリピーターをつけてなんぼってことに。

てか、サイト側がちゃんと新人教育しろよってなもんですが、
そこの運営は女の子放置のダメダメだったんで・・・。

 

 

きっかけはバーチャルピロートークからでも

待機地獄の理由は悟りましたが、
打開策はわからぬままの売れ残りチャットレディな私。

 

ひとまず、5分以上切られなかったチャットは
大事にするところから始めてみました。
さらに5分以上続いたらその男性客はこのパフォで抜く、
という気持ちになっているはず。

 

でなければ、男性客はポイントがもったいないので即オチでしょう。

続いた男性客には脱いで、オナショーして、
相手がイクイク言い出したら、私もイキそうとか、一緒にイクとか言ってみる。

 

なるべく、相手の呼吸に合わせるエッチなチャットを意識したんです。
すると、エッチが終わって「ふう、いっぱい出ちゃった・・・」と言いながら、
切らずに続く男性客が増えてきました。

 

人見知りな私は
「あー、エッチが終わったんだから、さっさと切ってくれよぉー」と
素ではそんなことを思ってしまうのですが、
ロングチャットを目指すからには、
1分でも長くチャットを続けないと稼ぎになりません。

 

ここはまあ、リアルでいうところの、ピロートークタイムなんですね。

 

自分のために脱いでくれたパフォに対して男性客は悪い気はしていません。
ここはリピーターをつける頑張りどころ。

 

ピロートークで男性客のエッチを褒めます。

「●●さんの声は低くてセクシーだから、聞いててすごく興奮した」
「●●さんに△△って言われて、本当に濡れちゃった!よかった!」など。

男性客の名前を連呼するのがポイント。ハンドネームですけどね。

 

ベットでイチャイチャしてるような気で
チャットを続けるうちに「普段は何してる人?」と
エッチ以外の普通の会話を男性客がふってきたり、
「また来てもいい?いつもは何時にいるの?」と
男性客に気に入られ、次回のチャットに繋がるのです。

 

 

アダルトチャットでも、普通の会話力

 

こうして床発進からの会話は学んだ私ですが、
エッチまでの導入を自分のペースでリードする方法は
イマイチわからないままでした。

 

男性客がリードする場合は受け身でお任せできるので楽ですが・・・。

初対面の恋人でも友達でもない見知らぬチャットの男性客と
一体に何を話したらいいものやら。

周りのチャトレの会話は盛り上がっているのに、
自分には到底できそうもありません。

 

さらに仕切り向こうのチャトレ達の会話に聞き耳を立てていると・・・。

取り立て面白い会話ができるパフォばかりではないんです。
ただし、笑い声が大きい。笑いながら手を大きく叩く。
単に相槌が多く大げさ

・・・リアクションが派手なんですね。

 

用は「あなたと話していると楽しい」アピールなんです。

 

それがヒントになり私は「あなたの話を聞いている」アピールをしてみました。

 

シーンとなるぐらいなら、
とにかく会話のおうむ返し+質問おうむ返し+感想です。

 

男性客:「久しぶりにきたんだよねー、チャットやるの」

パフォ:「久しぶりなんですねー、ありがとうございます」
「どうして私のところにきてくれたんですかぁ?」

男性客:「綺麗な胸に惹かれて・・・」

パフォ:「胸に惹かれたんだぁー、ありがとう!」
「最近エッチはしてる?してない?」

男性客:「してないよー、だから来たんだよ」

パフォ「そっか、だからだよねぇ」「今も胸に目がいってるんでしょー?」

とまあ、アダルト版のおうむ返しです。

 

あなたの話を聞いて、脱ぐ気はあるのよ、
とアピールしつつ、自分からはさくさく脱いだりはしません。

 

かといって、あまりに焦らすと切られますので、
相手が脱がしたいけど、脱げとは言えないようだったら、
こちらからチラ見せしたり、「見たい?」と聞いてました。

 

アダルトチャットの導入部は私はこのパターンで落ち着き、
引っ張り方を覚えていくことができました。

 

結果オウム返しとピロートークが身を結び、
リピーターができ、人気チャットレディになりました。

 

まとめ

 

 

アダルトチャットは脱ぐだけ、と思っていては、
実は意外と稼げません。

 

ただエッチをしているだけではリピーターにはつながらないからです。
チャットレディはリピーターをつけることが大事なので、
リピーターがつかないということは、稼げないのです。

 

相手が満足したあとは、
「またこの子に会いたいな」と
思わせるためのチャットレディが攻める時間です。

要は、次回につなげる重要な営業時間なのです。

多くの人はエッチの最中にしか気を使わないので、
ここがうまくできると「終わったあとも気を使ってくれるんだ、丁寧な子だな」
と、相手の印象に残り、他の女の子と差別化が出来ます。

 

この繰り返しでアダルトチャットでも、
ただエッチをするだけではなく、
精神的にも楽に稼げるようになりますよ☆

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アダルトチャットをやるならダントツでココ!
顔出しなしでも、
圧倒的に稼げるチャットレディサイトDX LIVEの記事です。

アダルトチャットレディサイトDXLIVEって本当に稼げるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)